導入校の先生からの声(横浜市立鴨居中学校様)

COCOOを導入いただいている学校の先生方・校長先生からのコメントをご紹介します。

横浜市立 鴨居中学校様は、2019年4月からCOCOOの試験導入にご協力いただいています。

「朝の職員室の電話が鳴らなくなり、授業が始まる前の負担が軽減されました」

保護者からの欠席連絡はCOCOOの欠席受付電話が受け付けます。

欠席が増える時期でも、先生方は朝の時間を授業の準備などにあてることができ、学校全体の雰囲気にゆとりが生まれたとおっしゃっていただきました。


「部活動の練習予定を保護者へ確実に連絡できるようになりました」

COCOOから保護者様へのお知らせ配信機能は、クラスごとの連絡のほか、部活の連絡にも活用いただいています。

学校の働き方改革につながるさまざまな取り組みを行っている鴨居中学校様。2019年9月には文部科学省の萩生田大臣、佐々木政務官が視察に来られ、萩生田大臣がこのようにコメントをされました。


「先生方からは、決して自分たちが楽をしたいということではなく、マンパワー不足が否めず、今までの教員の人たちは学校ってこういうものだって諦めて頑張ってきたけれど、これから志望者が減っていってしまうのではないかとの心配の声がありました。

その為にもICTの活用や働き方改革、横浜市では閉庁日を決めてあらかじめ夏季休業中などは長期の休みを取れるような仕組みを市教委が先頭になってやっていただいているので、それはすごく有効で、そういうことが魅力になって次の世代が教員を志願してくれるような環境をつくっていきたいと感じました。

働き方を見直すのは、子供たちのためにも必要だと思いますので努力したいと思います。」


齋藤校長先生からの動画メッセージもご紹介します。

「ICTを活用してよりよい社会や安心安全な環境を作ること、保護者と学校がしっかり情報共有をできることが大事」

と、COCOOへの期待を語っていただきました。

(画像をクリックし、画面中央の三角ボタンを押すと動画を再生することができます)

学校連絡・情報共有サービス COCOO(コクー)

学校連絡・情報共有サービス「COCOO(コクー)」は 「課題解決」と「未来創造」の視点を兼ね備えた 教育機関向けのITソリューション&プラットフォームです。 私たちは、未来を担う子どもたちのために より良い学びの環境づくりに貢献したいと考えています。