NHKニュース7で紹介されました!

2020年10月20日(火) NHKニュース7 にCOCOOを導入いただいている横浜市立 鴨居中学校様が取り上げられました。

テレビ放送の中で、電話をかけてシステムに欠席連絡を入れる様子など、COCOOのご利用風景も紹介されました。

鴨居中学校様、関係者のみなさま、貴重な機会をありがとうございました!


▼NHKニュースのYouTube動画をご覧いただけます。

保護者の「押印」なくなる? 学校と保護者 書面のやりとり“デジタル化を” 国が通知

2020年10月20日の萩生田光一文部科学大臣の記者会見にて「押印の見直しと連絡手段のデジタル化」について発言された際、横浜市の学校で導入されている学校連絡・情報共有サービス COCOO(コクー)に言及されました。


「例えば、政令市の横浜市などは遅刻や欠席の連絡は保護者様が学校のシステムに直接、連絡を入れる」

「書類を書いたり、朝、電話をしたりすることが省かれることで、親御さんたちも負担が軽減されているし、その受け手になる先生方も負担軽減に繋がっている」

クラスの5%ぐらいスマホを持っていない家庭がある

文科省通知の中ではデジタル環境への対応が難しい家庭の配慮についても触れられています。GIGAスクールの過程で行われた調査では、「およそクラスの5%くらいスマホを持っていない家庭がある」と結果も出ているようです。

学校と保護者間における連絡手段のデジタル化を進めるうえで、格差を広げないITシステムのあり方は重要な観点です。


COCOOでは、スマホを持たない家庭でも、固定電話やフィーチャーフォンを使って、システムを利用して学校連絡を行うことが可能です。

「誰一人取り残さない」ことを大切に、より良い教育・学びの未来をつくることを目指しています。


ご関心のある学校様・自治体のみなさま、ぜひお問合せフォームよりご連絡ください!

学校連絡・情報共有サービス COCOO(コクー)

学校連絡・情報共有サービス「COCOO(コクー)」は 「課題解決」と「未来創造」の視点を兼ね備えた 教育機関向けのITソリューション&プラットフォームです。 私たちは、未来を担う子どもたちのために より良い学びの環境づくりに貢献します。